公開許諾条件 著作権ポリシー

テキストバージョンと「査読前」「査読後」の公開許諾条件(著作権ポリシー)

 

下記の図は投稿から出版までのモデルと「査読前」、「査読後」、「著者版」、「著者最終版」、「出版社版」の定義を示しています。

 

copyright_policy.jpg

 

     平成26年6月16日 国立情報学研究所JAIRO Cloud 講習・説明会 「著作権について」より引用

 

 

リポジトリでの著者版フラグ
publisher = 出版者版,author = 著者版(ETD)となりま
す。出版者版とは出版された レイアウトになったものです。本文データが雑誌や抜き刷りから作成された場合は 出版者版となります。著者版とは出版されたレイアウトになる前の著者の手元にある 原稿のことで,この原稿をもとに本文データを作成した場合には著者版と表示されています。 掲載のデータが論文本文のデータではなく抄録の場合は,PDFが添付されていてもnone=本文なし としています。

 

 

リポジトリ登録について

 

 著作権が学協会・出版社に譲渡されている場合、その利⽤許諾が得られれば公開できます。ただし、許諾したとしても公開のための条件を指定している学協会・出版社があります。

  • 学協会によって、査読前、査読後、まったく認めずと、対応が異なりますので、必ず確認が必要です。
  • 海外の出版社の多くは、査読前(プレプリント)又は査読後(著者最終稿:ポストプリント)を機関リポジトリへの登録を許可しています。(Elsevier・Springer・Wiley等) 。出版社版を利用できる所は少数です。
  • リポジトリへの登録を希望される方は、著者最終稿(著者版原稿)を大切に保存しておいてください。